介護保険で利用できる

「住宅改修」サービスがあるのはご存じですか?

介護保険における住宅改修費の支給対象には以下の種類があります。

※厚生労働大臣が定める居宅介護住宅改修費等の支給に係わる住宅改修の工事種別は次のとおりとなっています。

  • 1. 手すりの取り付け
  • 2. 床段差の解消
  • 3. 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床材の変更
  • 4. 引き戸等への扉の取替え
  • 5. 洋式便器等への便器の取替え
  • 6. その他上記、1.から5.の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

    【例】

     1. 手すりの取り付け:手すり取り付けのための壁下地の補強等

     2. 床段差の解消  :浴室(UB)等の床段差解消に伴う給排水設備工事

     3. 床材の変更   :仕上げ材変更に伴う下地補強や床組の補強等

     4. 扉の取替え   :ドア等の取替えに伴う下地の改修等

     5. 便器の取替え  :便器の取替えに伴う給排水設備及び床材の変更
               (水洗化・簡易水洗化に係わるものは除く)

● 専門の技術者が対応いたします。

当社では、北海道による能力開発研修等、

介護リフォーム講座修了者を配置し、下記の業務に対応しております。

       

ダウンロードはこちらから

清水組指定の関係書類をダウンロードはこちら・・・

TOP